ポスター1

2018年8月21日火曜日

就活Reスタート



厳しい暑さが弱まったと思っていたら、
今日はまた暑さが戻ってきました。
今週末は台風の動きに注意ですね。
                              
さて、今日は就活中の学生のみなさんへのご案内です。

就活を続けているのに内定がないことから、
「焦りを感じている」
「自信がなくなった」
「モチベーションが下がっている」
「上手くいかない原因がわからない」
「自分のやりたいことがわからなくなった」
また、
「これから就活を始めるけど、何から取りかかればいいのかわからない」
と一人で抱え込んで、迷ったり悩んだりしていませんか?

そんな方にお勧めしたいのが、

“就活Reスタート 夏季集中ゼミ”です。

どんなことをするのか、内容を簡単に紹介しますね。

まず、参加者同士でこれまでの就活を振り返りながら、
就活の悩みや疑問に感じていることなどを話し合います。

そこから、「内定を得るためには何をすればいいのか」を
私たちジョブサポーターも加わり一緒に考えていきます。

自己理解(自己分析)や業界、職種の理解が不十分、
ひとつのことにこだわっている
情報に惑わされて思い込みや勘違いをしている、
など、就活の課題が見えてきます。

その課題に対して、グループワークを中心に取り組んでいきます。
就活生同士の横のつながりを持つことで、
新たな気づきがあり、改善点が見えてきます。
ゼミの最終日には、面接形式のワークを繰り返し行います。
「面接で自信を持って話す」を目標としています。

この夏、就活仲間と一緒に、そして私たちジョブサポーターと一緒に、
内定を目指しませんか?

只今、申し込み受け付け中です。
定員がありますので
申し込みはお早目に!

<May>




2018年8月20日月曜日

8月の合説



お盆休みも終わり、8月も後半に入りました。

就活をがんばっている皆さまにお知らせです。

8/24(金)に大阪新卒応援ハローワークで合同企業説明会を開催します。

R.M.B.+(レギュラーマッチングブース)「大阪メトロ御堂筋沿線で働こう」編

「梅田」「なんば」「天王寺」など、交通の大動脈である大阪メトロ御堂筋線を最寄駅とする企業が6社集まります。

将来転勤がある会社もありますが、まずは大阪で働くことが出来ます。

ぜひお越しください!



《 nobin 》


2018年8月17日金曜日

~「仕事選び」は「生き方選び」?~


こんにちは。お盆も過ぎ、今朝は暑さも少し和らいできたように感じます。

お盆の休みに久し振りに昔の映画を見ました。それは「生きる」という映画。亡くなった黒澤明監督が40代の時に創られた作品ですが、「自分にとって生きるとは?」「自分にとって仕事とは?」というテーマについて考えさせられる作品です。

市役所で30年間働いてきた主人公の初老の男性が、ガンで余命が僅かであることを知らされ、これまで事なかれ主義的に生きてきた自分の仕事や生き方に疑問を抱きます。そしてはじめて真剣に仕事の書類に目を通し向き合い、市民から陳情のあった小さな公園の建設を人生の最後に実現しようと奔走する物語です。

就活中の皆さんが応募する仕事を選ぶ際、「自分が何をしたいかわからない」「やりたい仕事が見当たらない」「リスクの少ない安定した仕事を選ぶべきか、リスクはあるが魅力的でチャレンジングな仕事を選ぶべきか」といった悩みを抱えている方もあると思います。
「仕事に何を求めるのか?」「何のために働くのか?」は確かに難しい問題です。「収入を得るため」「安定した生活を送るため」「身に着けたスキルや知識を活かすため」「自立するため」「社会や人の役に立つため」「仕事を通して未知のことに挑戦し自分を成長させるため」・・・etc.答えは人によってさまざまだと思います。

仕事に費やす時間とエネルギーが自分の人生の中でかなりのウエイトを占めることを考えると、どんな業界や会社、仕事を選ぶかで、その後の人生で自分が出会う人たちや得られる経験も大きく違ってくると言ってもよいでしょう。
少し大袈裟かもしれませんが「どんな仕事を選ぶか」は「自分がどんな人生を生きたいか」「自分がどんな生き方を選ぶか」と密接に関わっていると言えるかもしれません。
そういう意味で「就活」は自分が「人生」というキャンバスにどんな絵を描くか、どんな色に染めるか、を考える絶好のチャンスと言えるかもしれません。
 (S.O)

2018年8月16日木曜日

忘れちゃいけない12の法則


こんにちは^^
先日、友人から教えてもらった言葉です。
日々過ごす中で、ともすれば忘れがちな気持ちを改めて思い出しました。

感謝することを忘れるな
助けることを忘れるな
想う気持ちを忘れるな
真っ直ぐさを忘れるな
痛みを忘れるな
孤独を忘れるな
寄り添うことを忘れるな
泣くことを忘れるな
笑うことを忘れるな
抱きしめることを忘れるな
愛することを忘れるな
大切な人を忘れるな

就活を行っている皆さんも、忙しい日々の中ついつい置き去りにしてしまう「感情」や「想い」があると思います。
その時に1つだけでもいいので思い出してもらえたらと思い紹介しました。・


 ≪A・O≫





2018年8月15日水曜日

人の心を打つひたむきさについて


就活生のみなさん こんにちは。
毎日猛暑続きでうんざりですね、どうか無理の無いよう頑張ってください。

今はまさに夏の全国高校野球大会が真っ盛りです。
さあ、第100回記念大会の栄えある優勝はどこの代表の手に渡るでしょうか。

筆者は、野球経験は全くありませんが高校野球が好きで一時期は連日通うほど熱中しました。
甲子園球場では毎回決まって捕手の真後ろで日よけがある位置に陣取ります。
それは、選手たちの郷里から駆けつけた応援団の声援が、ステレオ(古い表現ですが左右から独立して聞こえる仕組み)で聞けるからです。
ヒットで一塁側、ファインプレーで三塁側から歓声が交錯して聞こえるところが最高に興奮します。プレーボールの前には対峙する応援団同士でエールの交換があったりするのも素晴らしい。勝負は二の次です。

高校野球の魅力は、選手たちがひたむきに白球を追う姿に心打たれます。
晴れて勝ち抜いても代表は18人しかベンチ入りできません。
代表に入れなかった選手たちがアルプス席で懸命に声枯らす姿にも心が熱くなります。

今回、岡山代表が初戦を勝ち抜いたときのインタビューで「豪雨災害に苦しむ県民に勇気を届けられる一勝ができて嬉しい」と語りました。立派ですね。これこそ高校野球が人を育てる教育である証しです。

さて就職においても、企業というチームが選手(社員)を選抜する意味においては高校野球に相通じるものがあるように筆者は思います。
面接選考を一夜漬けの企業研究や小手先の面接テクニックで乗り切ろうと思わないで、人を思いやる気持ちと明るさ、情熱を心に秘め、ひたむきにまっすぐな視線で自分をアピールすれば面接官には「一緒に仕事しよう」と思ってもらえるはず。
高校球児から勇気とエネルギーを授かって一勝を獲得しましょう。

大阪新卒応援ハローワークは就活生を全力で応援します。
イベントも盛りだくさん。ぜひご活用ください。

 ≪ OGLN ≫

2018年8月14日火曜日

ブログ


皆さんお気づきだと思いますが、
このブログはスタッフが日替わりで担当しています。
暑い中、就職活動で頑張っている皆さん
面接試験に自信が無く悩んでいる皆さん
就職活動を再開したいがきっかけがつかめない皆さん
少しでもそんな皆さんのお役に立ちたいという思いを込めて書いています。

そして『大阪新卒応援ハローワーク』では、
皆さんが
希望に沿った企業で、やりがいのある仕事に就いてもらいたいという思いで、
日々、取り組んでいます。

スタッフは様々な業種・職種を経験してきたメンバーが揃っています。
ですから、
『この求人はどんな仕事かな・・・?』とか
『この手当って何?』とか
ネットやパンフで調べても解らないことを、
解り易くお伝えすることが出来ると思います。
 
お盆も通常通り、阪急グランドビル18階で冷房を効かせて、
皆さんの来所をお待ちしています。

A.K


2018年8月13日月曜日

就活と似ている?


学生のみなさんにはピンとこない話かもしれませんが
就活と婚活は似ていると言われることがあります。
企業選びを恋人選びに置き換えても当てはまるかと思います。

私事ですが、先日結婚をしました。40代の晩婚です。
20代の頃は結婚に対するゆずれない条件がありました。
相手の身長は170センチ以上がいいとか、
苗字はあ行~さ行がいいとか、年上じゃないとダメとか。

友人たちは、頃合いに相手を見つけ次々と結婚をしていくのに、
私はいつの間にか適齢期を過ぎてしまいました。
焦ったり、卑屈になったりする時期がありました。

しかし、開き直ってずっと一人で生きてもいいかなと考えるようになり
結婚への希望も条件も消えていました。
そう過ごしていたら、結婚をすることになりました。

昔の希望条件には一つも合いません。合わなくても許せる自分がいます。
そして、今は心穏やかに落ち着いて日々過ごすことができています。

今、就活で思うようにいかないと悩んでいる方、友人が就活を終えて焦っている方、
お盆の期間に気持ちをリセットしてみてはいかがでしょうか。
土日休みがいいとか、オフィス街がいいとか、自分の中のゆずれない条件を再考して、
周りを気にしないようにすることもいいかなと思います。
今まで見えなかった、自分に合ったものがわかるかもしれませんよ。

                             <まんぼう>