ポスター1

2018年11月16日金曜日

自分を伝える


皆さん働くのに大切なことって何?
そう!一番大切なことは “伝える”です。

久々に会った先輩から
「どう、頑張ってる?」
大学で親元を離れて一人で生活している君に両親から
「ちゃんと、ご飯食べてる?」
中学の同級生から
「今度、大阪に帰ったら会おうね。」
第一志望の企業から
「採用を内定しました。」

誰もが素直に自分の気持ちを伝えていますね。
なぜ面接ではできないのか、今窓口に相談に来られている就活生は苦労しています。
面接で何回も失敗しているから…
“もっとよく見せないと”
“もっと面接官を納得させないと”
このように考えて空回り、“もっともっと”と自分でプレッシャーを感じているから

素直に話すための準備が大切 日頃から伝える準備をしてください。
だから、私の準備は言葉でなく態度から伝えるように心がけています。
礼儀、マナー、立ち居振る舞い、挨拶でよい印象を持ってもらうと自然にスムーズに伝わります。

普段から人と話し伝わっているか確認してください。
大阪新卒HWの窓口に来れば、自分の気持ちが伝わっているか確認できますよ。
面接対策のワンポイントアドバイスです。
追伸…11月28日には面接力UP!エクササイズ開催されます。

idea1041toshi

2018年11月8日木曜日

目の前の仕事に一生懸命


先日、学ハロ新聞※の取材で今春の新入社員の方5名にインタビューしました。
皆さんから、就活中はいろいろ悩んだけれど、現在は所属する組織の一員として、少しでもよい仕事をしようと奮闘しておられるというお話をたくさんお聞きしました。
(※大阪新卒応援ハローワークで3か月毎に発行している新聞です。)

学生から社会人への変化は人生の中でも大きな節目です。
就活中に自分の強みややりたいこと、将来の目標は何なのかなど、ご自身のキャリアについて考えて自分なりの大まかなデザインをすることがお勧めです。
ここでなんとなく流れに任せてよく考えず職業生活をスタートしてしまうと、入社してから自分の将来を考えて迷ってしまうケースが多いです。
ここでしっかり悩んで、考えることは今後の働き方や生き方につながります。
しんどいけれど、きっと後になって必要だったと思える経験にすることができます。

実際に入社して、しばらくは、新しい経験に戸惑うことがあり、ゆっくり自分の将来を考えるよりどうしても目の前の仕事に精一杯取り組むことになるでしょう。

今回インタビューした方たちも、入社して半年、失敗しそうになって先輩に助けてもらったり、初めての成果に手ごたえを感じたりと成長につながるような経験を、今まさに積み上げられている真っ最中でした。

生き生きとご自身の仕事について語る様子に、若い人の前向きなエネルギーを感じました。

私も社会人になって30年、初心に戻って頑張ろうと思いました。

≪F.H≫